藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット
藁からつくる「手作り納豆」キット

藁からつくる「手作り納豆」キット

(0point)

↑ ↓

 

●藁苞(わらづと)とは?

藁を束ねて中に物を入れるようにしたものを「藁苞(わらづと)」と言います。大豆をこの藁苞に入れて発酵させると納豆ができます。


<キットについて>
◆スターターキット

初心者でも作りやすいようにカイロや温度計が付属されています。ご自宅にある毛布やペットボトルなどをご用意いただければ、わら納豆づくりに挑戦できます!

◆藁苞+大豆のみセット
カイロや温度計など必要な備品類はご自身で準備される方は、こちらのセットをどうぞ。藁苞と大豆のみがセットになっています。


<キットの目安>

 2本=1回分
 6本=3回分
 12本=6回分

※2本を1セットとしてお作りください

※藁苞1本で約1人前の納豆ができます


<ご自宅でご準備いただくもの>
スターターキットの場合は…

 ・毛布 1枚
 ・キッチンペーパー
 ・空のペットボトル500ml2本

※ほかに藁苞を煮沸するフライパンや大豆を煮る鍋などが必要です
※ペットボトルはお湯を入れて保温に使用します。丈夫なもので四角柱の方が使いやすいのでおすすめです



<キットの内容物>
▼スターターキット2本
藁苞2本、大豆1袋(60g)、カイロ1個、温度計1本、輪ゴム3個、ポリ袋1枚、わら納豆の作り方説明書

▼スターターキット6本
藁苞6本、大豆3袋(180g)、カイロ3個、温度計1本、輪ゴム9個、ポリ袋3枚、わら納豆の作り方説明書

▼スターターキット12本
藁苞12本、大豆6袋(360g)、カイロ6個、温度計1本、輪ゴム18個、ポリ袋6枚、わら納豆の作り方説明書

▼藁苞+大豆のみセット2本
藁苞2本、大豆1袋(60g)、わら納豆の作り方説明書

▼藁苞+大豆のみセット6本
藁苞6本、大豆3袋(180g)、わら納豆の作り方説明書

▼藁苞+大豆のみセット12本
藁苞12本、大豆6袋(360g)、わら納豆の作り方説明書


<産地等>
藁苞/長野県産
・収穫からおよそ2年以内にお使いください
・保存は高温多湿を避け常温で保管ください

・真空パック詰めにてお届けします
・製造者 合同会社南信州米俵保存会
(長野県紙伊那群飯島超飯島1482-3)

大豆/長野県産
・品種は包装に記載
・消費期限 収穫より2年間
・遺伝子組み換えでない

<送料>
送料全国一律500円です


<たべいく運営部より>
発酵食品の納豆を、藁を使って手作りしてみませんか?
作り方は、茹でた大豆を藁で包んで約1日保温するだけ!藁に自然に棲みついている納豆菌が大豆を発酵させて納豆が出来上がります。
シンプルながらに奥深い「わら納豆」づくり。成功のポイントは温度管理です!温度計で温度をチェックしながらお世話をします。大人のおうち時間満喫や、お子さんの夏休みの自由研究にもピッタリ!

藁は、南信州米俵保存会さんにご協力いただいています。大相撲の土俵にも使われている藁を「勝藁(かちわら)」と言うのですが、このキットにお入れする藁も「勝藁」と同じ藁なのです!(※大相撲の本場所の土俵を作れるのは日本でただ1軒、南信州米俵保存会のみです!)
ぜひ縁起の良い「勝藁」での納豆づくりを楽しんでみてくださいね♪
 
 
 

食オタマガジン